'16秋 第3節2回戦 大阪工業大学戦

  10
大阪工業大学 1 0 3 0 0 1 0 1 0 1 7
大阪大学 0 0 1 0 2 0 3 0 0 4 10
<選評>
前戦から2日空き、そのままの勢いで勝利を手にして勝ち点をもぎ取りたい大阪大学は同じく窪田を先発させる。大阪工業大学は上坂が先発。1回表、四球で許した走者を上田の適時打で生還させてしまい先制点を奪われる。さらに3回表、四球などでためた走者を長谷川の適時打で返され2点を失う。同じくこの回、死球が重なり押し出しで1点を失い3失点。差を4点差とされてしまう。この差を縮めたい大阪大学は3回裏、船津の四球から福永、長尾の連続安打。1点を返す。続く4回から徳丸が登板4,5回を三者凡退に抑える。追いつきたい大阪大学は5回裏、船津が中安で出ると長尾の適時二塁打で1点を得る。さらに長尾が敵失により生還し1点追加。1点差とする。徳丸は6回表、連続で四球を与え朝日に救援を託す。朝日は犠飛で1点を奪われるがイニングを締める。またもや差を広げられた大阪大学は7回裏、福永の左安を皮切りに長尾の適時三塁打、田口の適時打が続きさらにこの日初打席の山中がスクイズを成功させ一挙3点追加。逆転に成功する。7回から登板した矢次は8回表、四球で出した走者を暴投で生還させてしまい追いつかれる。9回終了で決着のつかなかった試合はタイブレークへ。大阪大学は福永、大阪工業大学は長谷川からの打順を選択。10回表、暴投で得点を許すものの後続走者を刺し1失点で抑える。10回裏福永は三振に倒れるが、続く4番長尾が4球目の球を見事打ち返し値千金の左越満塁弾。大阪大学は劇的なサヨナラ勝ちで試合を制し、待望の勝ち点を手に入れた。
    10
(左) 松原 四球   二ゴ   空三 空三   中飛    
(遊) 船津 投安   四球   中安 三ゴ   左安    
(二) 福永 犠打   左安   遊直   左安 二ゴ   空三
(右)中 長尾 空三   左安①   左2①   右2① 中飛   左本④
(捕) 田口 一ゴ   三ゴ   二失   右安①   四球  
(D) 土肥   遊ゴ                
打D 佐藤       左飛 右飛   犠打   犠打  
(一) 成田   四球   空三            
下御領           空三        
                   
吉田悠             一失      
井筒                 四球  
(中) 田中   空三   四球            
永山           四球        
走右 山中             投ス①   見三  
(三) 岡崎滉   三ゴ   左飛   四球 空三   空三  
盗塁 長打 失策
山中 長尾3  
  勝敗 イニング 球数 被安打 奪三振 与四球 与死球 暴投 失点 自責点
窪田   60 3 0 3 2 1 4 4
徳丸   21/3 37 0 0 2 0 0 1 1
朝日   2/3 14 1 0 0 0 0 0 0
矢次   37 1 1 2 0 1 1 1