'16春 第1節1回戦 神戸大学戦

 
大阪大学 1 1 0 2
神戸大学 0 1 0 0 1
<選評>
春の陽気のなか春季リーグがはじまった。ともに第1戦は必ずとりたい両チーム。盤石な投手陣を誇る神戸大学の先発はエースで主砲の岡畑。対する大阪大学は前節から名実ともにエースに成り上がった矢次が先発する。
初回、矢次はピンチをまねくも無失点におさえる。二回表阪大は炎森田のヒットなどで一死一三塁のチャンスをつくるものの、スクイズ失敗などで0点におわる。チャンスをものにできなかったのが響いたのか三回裏に岡畑のライトの前に落ちるヒットで1点を先制されてしまう。しかし、四回表に福永の四球と盗塁などで一死三塁のチャンスをつくると、中村がスクイズをきっちりきめすぐさま一点をかえし同点とする。このあとを森田のニ本目のヒットなどでチャンスをつくり、岡崎滉太がライトへクリーンヒットを放ち、森田が三塁をまわったがライト加藤の好返球により得点にはならなかった。さらに、5回裏に阪大は前の回の勢いそのままに船津の振り逃げ、福永のライト前安打などでチャンスをつくり、長尾をむかえる。長尾は期待通りにセンター前へはじき返し阪大が1点勝ち越す。矢次は再三ピンチを招くものの、サード岡崎の攻守などもあり無失点でしのぐ。阪大は代走に田中を起用するなど勝負を決めに行くが神戸大学の投手陣を前になかなか追加点を奪えない。そして、2-1で一点リードのまま最終回をむかえる。矢次は9回ながらキレのあるストレート、変化球でしっかり無失点できり、阪大が一勝を手にする。(岸)
   
(左) 松原 二ゴロ   三安   二ゴロ   四球   三失
(遊) 船津 四球   遊ゴロ   振逃   見三   三ゴロ
(二) 福永 四球     四球 右安   二ゴロ    
(D) 長尾   四球   二ゴロ 中安①     死球  
(捕) 中村   犠打   投ス① 見三     犠打  
(一) 森田   左安   右安   右安   死球  
田中                  
成田                  
(中) 五福   投併   右安   犠打   空三  
(三) 岡崎滉     二ゴロ 右安   空三   二ゴロ  
(右) 山中     投ゴロ   遊ゴロ 見三     遊飛
盗塁 長打 失策
松原、福永、長尾、田中    
  勝敗 イニング 球数 被安打 奪三振 与四球 与死球 暴投 失点 自責点
矢次 135 8 7 2 1 0 1 1